複数の症状が混在する共存症

Posted on: 1月 16th, 2014 by
Comments Requested

自分の子どもは他の同年代の子どもたちと何か違う、と感じていながらも具体的にはその違いがわからないという親がいます。このようなジレンマやはっきりとしない不安を抱えて暮らしてきた親にとっては、専門家が下す診断はひとつの目標となり、また新たなスタートにもなります。

ただ、診断をする専門家にとっても、それを受ける親にとっても、その診断がはっきりとしたものであればわかりやすいのですが、アスペルガー症候群や高機能自閉症という単独の症状であるとはかぎらないのです。また、下された診断が正しいと断言することはできず、いくつかの症状を抱えている場合もあるのです。

このように症状が複数混在することを「共存症」といいます。症状を放置することは、もちろん機能全体を悪化させる要因となります。

『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004において、アスペルガー症候群や高機能自閉症にたびたび併発する他の障害とその特徴を紹介しています。

以下が併発する主な障害です。

●不安障害・・・過剰な心配。・恐怖のために特定の状況や対象を避ける。

●注意欠陥/多動性障害・・・不注意。・多動性。・衝動性。

●うつ病・・・悲しみや、いらいら。・以前は楽しんでいた活動に興味がなくなる。・食事と睡眠のパターンにおける変化。・疲労とエネルギー不足。・価値がない、希望がないという感情。・自殺観念または行動。

●トゥレット症候群・・・チック(突拍子もなくすばやく繰り返される動き、または音)。


At last you are here. Be bold. Sieze the moment. Be the first to take the opportunity to post a comment here.

We have beeen waiting for you to arrive here to provide your feedback. Now that you are here, go ahead and post a quick note. We would appreciate it.

Add Your Comment, Feedback or Opinion Here

Your email is safe here. It will not be published or shared. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>