告知の一助として

Posted on: 1月 16th, 2014 by
Comments Requested

アスペルガー症候群や高機能自閉症の子どもをもつ両親は、子どもがキャンプやスポーツクラブに参加するとき、そこのカウンセラーやコーチにあらかじめ子どもの症状について話しておくべきかどうか悩まれることでしょう。

近所の方々にも同様です。また、社会に出て仕事就いたときに職場の上司や同僚に告げるべきか、よく検討し判断しなければいけないでしょう。

『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004では、このような「告知」について賛否両論があることを踏まえたうえで、子どもに接する周囲の人々にアスペルガー症候群または高機能自閉症であるという診断結果と、その関連情報を知らせておいたほうがよいということをいっています。

そして、自分の障害について打ち明ける一助として「告白カード」または「リハーサル台本」を紹介しています。

『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004での「告白カード」には「私はアスペルガー症候群です。これは社会的な判断力に影響を与える障害です。そのためときどき私は社会的な状況で、どのように行動したり話したりしてよいのか、よくわからなくなってしまうことあります。理解していただけると嬉しいです」と書かれています。

また『アスペルガー的人生』の著者リアン・ウィリーは、自らがアスペルガー症候群であることを告知しようと何度も決意し、それについて考えるべき重要な事柄を自著に多く記載しています。

永遠のアイドル遠藤久美子と青春時代


At last you are here. Be bold. Sieze the moment. Be the first to take the opportunity to post a comment here.

We have beeen waiting for you to arrive here to provide your feedback. Now that you are here, go ahead and post a quick note. We would appreciate it.

Add Your Comment, Feedback or Opinion Here

Your email is safe here. It will not be published or shared. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>